目覚め・早起き

朝眠い?目覚めが悪い5つの原因はこれだ!朝もスッキリできる対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「朝眠い…」「目覚めが悪い…」とお困りですね。朝眠いのには、理由があります。ちょっとした心がけ次第で、朝からシャキっと動けるようになるかもしれません

今回は、朝が眠くなってしまう5つの原因と対策法をお伝えします。また、朝もスッキリ目を覚ますためにできる3つのコツも紹介。これらの方法で、ぜひ朝からシャキッとと1日を始めてくださいね。

朝が眠くなってしまう5つの原因と対策法

朝がスッキリとせずにボーッと眠くなってしまう原因として、次の5つが考えられます。

原因1|起きるタイミングが悪い

起きるタイミングが悪いと、良い目ざめにはならず、眠くなってしまいます。

図のように、私たちは眠っている間、浅い睡眠と深い睡眠を行ったりきたりしています。

深い睡眠のときに起こされると、目覚めが悪く、起きてからもボーッとしてしまうのです。その場合、起きたあとの眠気は最大で4時間も続くとも言われています(1)

つまり、むりやり目覚ましに起こされた朝は、ずっと眠いままになるのですね。このため、目ざめやすい浅い睡眠のタイミングで起きるようにすることが、スッキリと目覚めるコツです。

おすすめの対策方法

  • 起きる時刻の20分前から、小さい音量のアラームが鳴るようにセットしましょう。20分の間に浅い睡眠がやってきたタイミングで自然と起きられます
  • 自然に浅い睡眠で起きられる光の目覚ましを使ってみるのも手

さらにくわしく:レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは!?特徴・役割からわかる最適な睡眠法

原因2|朝ごはんの食べすぎ

朝ごはんの食べすぎも、朝の眠気のもとになります。

朝にごはんをガッツリ食べると、血糖値がはね上がってしまいます。血液の中に、糖分がたくさん入ってきている状態です。

この糖分は、筋肉や細胞が取りこんでエネルギーとして使います。しかし、あまりに糖分が多すぎると使いきれません。すると、血液がドロドロのままになり、カラダの働きがにぶって眠くなるのです(2)

おすすめの対策方法

  • 朝ごはんは量をひかえめに。腹六分目にしておくのが、眠気を呼ばないコツです
  • ごはんやパンだけのかたよったメニューはやめる。卵やヨーグルト、魚などのおかずものを朝ごはんに取りいれましょう

原因3|日ごろの睡眠不足がたまっている

朝ごはんを食べて、仕事場や学校に来てもまだ眠い…という場合が毎日続くなら、単純に睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠不足では、脳の神経どうしのつながりが悪くなってしまいますアタマの回転が悪くなり、どうしてもボーッと眠くなってしまうのです(3)

睡眠不足は、集中力や記憶力の低下、判断ミスにもつながってしまいます。早めに解消してしまいましょう。

おすすめの対策方法

さらにくわしく:睡眠不足を決定づける5つの症状と、2つの根本的な解消法

原因4|朝に光を浴びていない

毎朝きちんと光を浴びていなければ、眠気は取れません。

人間のカラダは、毎朝光を見ることで、体内時計を調節しています。図のように、特に太陽の光が目に入った場合、身体は「もう朝だ!」と感じ、お休みモードのスイッチを切るのです。

朝、光にあたらなければ、頭もカラダも活動モードにはなりません。体内時計が乱れる原因にもなってしまうため、積極的に朝は光を浴びましょう。

おすすめの対策方法

さらにくわしく:サーカディアンリズムとは?体内時計を整えて毎日快眠になる方法

原因5|貧血・低血圧

どうしても朝にだるくなっている場合、貧血や低血圧が原因かもしれません

カラダを動かすエネルギーを運んでいるのは、血液です。貧血や低血圧によって、この血液のはたらきが足りなくなり、ボーッとして身体もダルい…という状態になってしまうのです。

このため、貧血をふせぐ食べ物をとったり、血圧を上げることをするのが効果的です。

おすすめの対策方法

  • 貧血の原因は鉄分不足。ほうれん草やレバーなどの食品から鉄分をとる
  • チョコレートやレーズンなど、おやつで鉄分をプラスするのも効果的
  • 血圧を上げるために、散歩やストレッチなど軽い運動をとりいれる

どんな原因にもきく!3つの眠気覚まし法

朝眠い原因は人によってそれぞれです。次の3つは、どんな原因にも効果的な眠気ざましの方法です。

頑張り時なのに、朝からずっと眠い!というときには試してみてください。

1.コーヒーを飲む

朝に一杯のコーヒーを飲みましょう。飲みすぎはNGですが、カフェインは、脳で眠気のもとになる物質をブロックします

コーヒーにかぎらず、お茶やココア、紅茶などにもカフェインは含まれています。眠気ざましとして、効果的にカフェインを使ってみましょう。

さらにくわしく:健康に良い?悪い?カフェインが身体にもたらす5つの驚くべき効果

2.ツボを押す

午前の授業中や仕事中に眠気が襲ってきたら、上の「中衝」のツボをサッと10秒、押してみましょう

神経のバランスや血のめぐりが良くなり、重たいまぶたもシャキッと持ち上がりますよ。

さらにくわしく:眠くなったらココを押せ!眠気覚ましのツボ7選【今すぐスッキリ】

3.軽い運動をする

朝からペースに乗って活動するには、「スタートダッシュ」が肝心。軽く汗をかかない程度に走ってみるのが効果的です。

ただし、あまりに激しい運動は、眠気のもとになってしまい逆効果です。あくまで準備運動くらいのものを行いましょう。

さらにくわしく:寝る前の運動はNG!睡眠に効果的な運動のタイミング・方法とは?

まとめ

朝眠い5つの原因

  1. 起きるタイミングが悪い
  2. 朝ごはんによる血糖値の乱れ
  3. 睡眠不足がたまっている
  4. 日光を浴びていない
  5. 貧血・低血圧

朝眠い原因は人によって様々ですが、ちょっとした心がけ一つ一つで、朝の眠気は解消されます。

ぜひ今回紹介したことを参考に、シャキッと目覚めて、朝から充実した1日を始めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

  • いびき対策

  • スグに眠る方法

  • 寝具

  • 寝室用品

  • 快眠グッズ

  • 快眠するコツ・習慣

  • 目覚まし時計

  • 目覚め・早起き

  • 眠る

  • 眠れない

  • 眠気

  • 睡眠について

  • 睡眠不足

  • 睡眠時間

  • 知る

  • 脳と心・ストレス

  • 買う

  • 食事と栄養

GOOD ITEMS