快眠するコツ・習慣

寝る前の運動はNG!睡眠に効果的な運動のタイミング・方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ランニングや筋トレなど、運動は健康的な習慣の1つです。しかし、寝る前に運動をするのはあまりオススメできません。寝つきが悪くなり、睡眠に悪影響をおよぼします

この記事では寝る前の運動が良くない理由をお伝えします。運動はタイミングをまちがえなければ睡眠にも効果的です。ぜひ正しいやり方で、健康的に運動を取りいれてみてください。

寝る前の運動が良くないたった一つの理由

寝る前に運動をするのはオススメできません。なぜなら、体温が上がることによって寝つきが悪くなる可能性があるからです。

上の図を見てください。人間は、夜に体温が下がってくると眠気のレベルが高まります(1)

しかし図のように、寝る前に運動をすると体温がまた上がってしまい、眠気が不十分になり、寝つきが悪くなるのです。

睡眠は、最初の寝つきが重要です。深く眠れるかどうかは寝つきが良いかどうかで変わります。

したがって良い睡眠のためには、寝る前に運動をするのはやめておくべきなんですね。

運動のタイミングは夕方がベスト!

寝る前の運動が良くないなら、いつ運動をすれば良いのでしょうか?

結論から言えば、睡眠をさまたげずに、もっとも健康的にできる運動のタイミングは夕方です。

夕方に運動をして体温を上げれば、夜にかけて下がっていきます。すると、夜眠るタイミングにあわせてちょうど良く眠気がやってきます。このタイミングで自然に眠れば、ぐっすりと質の良い睡眠がとれるでしょう。

したがって運動をとりいれるなら、夕方がベストなタイミングになります。つまり、仕事が終わったあとにジムに行ったり、夕食前に走ったりするのが良い、ということです。

朝の運動もあまり良くない

これは人にもよりますが、朝の運動もメリハリのある睡眠リズムのためにはおすすめしません。

たとえば、朝のランニングで体温が上がったとしましょう。すると、その反動で午前中に体温が下がってくるため、眠気が発生してしまいます。これでは、朝からバリバリと活動できません。

したがって、激しめの運動は朝ではなく昼か夕方。朝は散歩程度にしておきましょう。このほうが、眠気もうまくコントロールでき、メリハリのある生活リズムにつながります。

寝る前にするべき運動はストレッチ

寝る前におこなう運動としては、ストレッチがおすすめです。

体温を上げすぎずに、リラックスできるため、寝る前にはぴったりです。

寝る前の習慣として取りいれれば、毎日ぐっすりと深い眠りがとれるようになるでしょう。

さらにくわしく:寝る前1分!かんたん快眠ストレッチ3選【疲れもとれてグッスリ!】

まとめ

運動は、ちょうど良いタイミングでやれば快眠にもつながります。ぜひ、夕方の運動をとりいれて、睡眠にも良い健康的な生活リズムを作ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS