スグに眠る方法

寝る前1分!かんたん快眠ストレッチ3選【疲れもとれてグッスリ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝る前のストレッチを習慣にしてみませんか?簡単に快眠が手に入りますよ。

ストレッチで身体をほぐせば、リラックスできるばかりでなく、睡眠の質も高まります

この記事では、寝る前の1分で簡単にできてしまう3つの快眠ストレッチを紹介します。1日がんばって疲きったカラダをほぐして、ぐっすり眠ってしまいましょう。

1.ふともものストレッチ|すわり前屈

1日の立ち仕事や、歩くのでつかれてしまった足をほぐしましょう。

きく部位:脚のふともも、背中、肩、腕

やり方

  1. 床やマットの上に座ります。
  2. 腕を真上に伸ばします。
  3. そのまま、ゆっくりと息を吐きながら上半身を前に倒します。
  4. つまさきに指先をつけた状態で止まって10~15秒息をします。
  5. また最初の位置に戻します。
  6. 3~5回繰り返しましょう。
ポイント・効果
  • 座って手をあげた姿勢でキツいなと思ったら、お尻の下に座布団やクッションをしきましょう。背中と太ももの負担をやわらげます
  • 神経を落ちつけ、ストレスをやわらげます
  • 不安や頭痛をやわらげ、疲れを取りのぞきます

2.首と肩のストレッチ|サイド伸ばし

デスクワークでこりかたまったカラダをほぐしましょう。首や肩に効果的です。

きく部位:首、肩、背中、わき腹

やり方

  1. 床の上にすわって、あぐらをかきます。
  2. 片方の手を軽くのばして床につけます。
  3. もう片方の腕を真上に伸ばします。
  4. お尻を床につけたまま、伸ばした腕を手をつけた床に倒します。
  5. 15秒ほどその状態で息をして、戻します。
  6. 反対側も同じようにくり返しましょう。
ポイント・効果
  • 枕の上に座って行うと、よりラクになります
  • 疲れた身体が引きほぐされ、リラックスします
  • 不安やストレスを取りのぞきます

3.背中のストレッチ|子どものポーズ

photo by: gigasavvy.com

3つ目の仕上げはコレ。明日もシャキっとがんばるために、背中をのばしましょう。

きく部位:背中、お尻、肩

やり方

  1. 床の上に正座をします。
  2. 手を床にそわせて前に伸ばします。
  3. 自分が気持ちいいと思える場所まで身体を前に持っていきます。
  4. その状態のまま、ゆっくり好きなだけ息をしましょう。
ポイント・効果
  • 神経を落ちつけ、リラックスができます
  • 背中とお尻のこりをほぐします

快眠ストレッチの2つのポイント

快眠ストレッチで意識したいことは、

  • ゆっくりとカラダを動かす
  • 痛くならない程度に伸ばす

の2点です。

夜のお風呂あがりにやると、より効果的です。そのままグッスリと眠ることができます。

忙しくて全部できないときは?

夜遅く帰ってきて、お風呂を済ませたら時間がない…という場合は1つのメニューだけでもかまいません。

1分だけ時間をとって、その日疲れているなと思う部分のストレッチをするだけでも、寝る前のリラックスになります

大事なのは、1分でもいいからちょっとでもやることです。

まとめ

寝る前の習慣は、グッスリと眠るために大事です。特に寝る前のストレッチは気分を落ちつけて身体をほぐすため、とってもオススメです。その他のストレッチの効果で健康にもなります。

ぜひ、3つの快眠ストレッチを今晩から試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS