眠気

眠くなったらココを押せ!眠気覚ましのツボ7選【今すぐスッキリ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ねむ~い午後や、夜中など、なんとか眠気を覚まして乗り切りたい!そんなときがありますよね。

眠気を感じたら、ぜひ試していただきたいのがツボ押しです。今回紹介するツボは、すばやく効いて、簡単に押せるものばかりです。

ここ一番!というときはもちろん、作業の合間や休憩中にもぜひ試してみてくださいね。

手の眠気覚ましのツボ4選

手のツボは、人の目を気にせずこっそりと短い時間で押せるためとても便利です。

右手でも左手でもかまいません。ぼーっとしてきたら、10秒ほど手のツボを押す。たったこれだけで、眠気が吹き飛びます。

1.気分をスッキリ|「労宮」のツボ

手のひらにある労宮のツボは、身体の緊張感を取りのぞいて、気分を爽快にします。

イライラしたときや、ストレスを感じたときにも、サッと手を持って押してみましょう。

ツボの位置・探し方

中指の骨をたどっていった先にあるくぼみ。やや薬指側にあります。

ツボの押し方・コツ

親指をツボにあて、1回ぐっと押し込みます。

そのまま指の方向に持ち上げるようにして押しましょう。

2.眠気撃退の最強ツボ|「中衝」のツボ

中指にある中衝のツボは、眠気覚ましのツボとして最も有名なほど効果はバツグンです。

効果が高いだけでなく、気軽にさっと押せるのもポイントです。眠くなったらまずはこれ!

ツボの位置・探し方

中指の人差し指側、爪の生え際からほんの少し下のポイント。

ツボの押し方・コツ

逆側の親指の爪でグーッと長めに押してみましょう。

爪楊枝やボールペンなどの細いもので押してもいいでしょう。

3.集中力を高める|「合谷」のツボ

手の甲にある合谷のツボは、神経を刺激し、集中力を高めます。

ここ一番の乗り切りたいときなどに押したいツボです。

ツボの位置・探し方

手を広げて、親指と人差し指の骨が交わる部分の少し上人差し指の骨のキワに、痛くて気持ちいいポイントがあります。

ツボの押し方・コツ

軽く手を上から握り、ツボの位置に親指をおきます。

人差し指の骨のキワに親指をひっかけるようにして、親指をねじり込みましょう。

4.意欲をわかせる|「檀中」のツボ

中指にある檀中(だんなか)のツボは、疲れや気力の低下をなくします。

意欲をわかせ、目の前の仕事に没頭することで眠気を忘れてしまいましょう。

ツボの位置・探し方

中指の第2関節の真ん中のポイントです。

ツボの押し方・コツ

親指の爪の先や、細いボールペンや鉛筆、爪楊枝などでグッと10秒ほど押しましょう。

顔まわりの目覚ましのツボ3選

手のツボの次に押しやすいのが顔まわりのツボです。効果を感じられるものを1つでも覚えておきましょう。ここぞというときにツボを押せば、眠気も吹き飛びます。

5.まぶたが重たくなったら|「睛明」のツボ

目頭にある睛明(せいめい)のツボは、押せば眠気を吹き飛ばし、重たいまぶたを持ち上げます。

目の疲れを和らげる効果があるので、デスクワークの多い方にオススメです。

ツボの位置・探し方

目頭のやや上、鼻よりにあるくぼみ

ツボの押し方・コツ

両手の親指をツボの位置にあてて、くぼみの奥にある骨を持ち上げるようなイメージで押します。

6.意識をハッキリさせたいときに|「天柱」のツボ

首の後ろにある天柱というツボは、神経のバランスを整え、意識をハッキリとさせます。

肩こりや首こりなどからくる頭痛にも効果的です。

ツボの位置・探し方

後頭部の髪の生え際。首の中心を走る筋肉のすぐ外側

ツボの押し方・コツ

バスケットボールを持つように、指を三角の形にしてうしろから頭を包み込みます。親指をツボの位置にあて、押しあげるようにして押してみましょう。

7.どんより気分を解消!|「百会」のツボ

頭のてっぺんにある百会のツボは、何となく気力がわかないときに効果的なツボです。

眠たくて、心もどんよりとしているときは、このツボで気分を持ち上げて、眠気を撃退しましょう。

ツボの位置・探し方

頭のいちばん上。左右の耳を頭の上で結んだ線の真ん中

ツボの押し方・コツ

中指を立ててツボの位置にあて、真下にゆっくりと押し込みましょう。

ツボを押すときのポイント

ツボを押すときは、以下の2つのポイントを意識してみてください。より効果が高く得られます。

1.ツボの位置は骨のキワ。角度をつけて押してみて

ツボの位置は、皮膚の表面ではなく、骨のキワにあると思ってください。

骨がおおいかぶさっている部分を、角度をつけてグリグリと押していきましょう

きちんとポイントを外さずに押すことで、効果が100%得られます。

2.押す強さは「痛気持ちいい」くらいで

眠気を覚ますツボですので、しっかり強めに押してください。

ジーンと、「痛気持ちいい」くらいの刺激が眠気を吹き飛ばしてくれますよ。

「いまいち効果がない」と感じるなら、もう少し強めに押してみるのがオススメです。

それでも眠いときは

ツボを押してもまだ眠い!という方は、そもそも睡眠不足がたまっている可能性も。やはり一番の解決方法は自分に必要な睡眠時間をとってぐっすり眠ることです。

または、週末に長めの昼寝をする寝る前の習慣を見なおすといったことも睡眠不足をなくすのに効果的です。よく眠いと感じるなら、試してみると良いでしょう。

まとめ

ツボは素早くきいて、手軽にできる眠気覚ましです。職場や学校で、眠気を乗り切りたいときは、ぜひ押してみてください。

また、睡眠不足は放っておくと危険です。ツボを押しても眠い場合は早めの対策も忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS