睡眠不足

睡眠不足を決定づける5つの症状と、2つの根本的な解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

睡眠不足による症状は見過ごされがちです。忙しい日常の中で、いつの間にか睡眠が犠牲になってはいませんか?

日本は世界でも韓国についで2番目に睡眠時間が短い国である上、近年はますます睡眠時間が短くなってるという現状もあります。

しかし、人間の身体は睡眠不足に対応できるようには出来ていません。知らず知らずのうちに、睡眠不足によって生活の質は下がり、仕事も振るわなくなっている可能性があります。最近調子が良くないなと思ったら、それは睡眠不足が原因かもしれません

今回は、決して軽視できない、睡眠不足のサインとなる5つの症状についてお伝えしていきます。心当たりがある場合は、睡眠負債が溜まらないうちに2つの方針で解消してしまいましょう。

要注意!睡眠不足のサインとなる5つの症状

日中に明らかな眠気を感じていたり、これからお伝えする5つの症状に当てはまる場合は要注意です。今の睡眠のとり方を見直すべきかどうか、見ていきましょう。

1.集中力が続かない・判断力が落ちている

なんだか頭がぼーっとして、仕事や勉強が思うように進まないということはありませんか?睡眠不足が続くと、脳のエネルギー源であるグルコースが充分に行き渡らなくなります。

思考や判断をつかさどる脳の部位においては、睡眠不足によってグルコースの供給量が12%も落ちてしまいます。それだけ、脳は十分な力を発揮できない状態にあるのです。

2.注意不足によるミスが多くなっている

普段はしないはずの凡ミスを連発していたら、それは危険な睡眠不足の兆候かもしれません。睡眠不足におちいると、脳は100%の力を出すことができません。

過去の報告では、人為的なミスによる原発事故やスペースシャトルの爆発事故など、大きな事故の背景には夜間の交代勤務の人々の睡眠不足が大きく関係していると指摘されています(2)

睡眠不足によって、日常生活や仕事に悪影響を及ぼしていないか、見直してみましょう。

3.精神的に安定しない

最近なんとなく心が不安定で、落ち込んでいることが多くなったり、イライラすることが多くなっているとすれば、それも睡眠不足の可能性があります。

実は、睡眠不足によって、感情調節をつかさどる脳の部位の活動量が落ちるのです。さらには「ストレスホルモン」とも言われるコルチゾールの分泌が増加することが分かっています。

うつ病のリスクも高まるため、こころの健康のためにも睡眠不足は避けなければなりません。

4.肌の調子が悪い

女性にとっては深刻なお肌の悩み。それは睡眠不足が原因である場合が多いでしょう。

深い睡眠をとることによって、身体では成長ホルモンが分泌されます。しかし睡眠不足になると、お肌の再生を促す成長ホルモンの働きが減ってしまいます。

結果として、お肌の調子が悪くなるという症状になって現れてしまうのです。

5.食欲が増している

以前にも増してお腹がすくことが多くなり、ついつい食べすぎてしまっていませんか?

残念なことに、睡眠不足におちいると、満腹を感じさせ、食欲をコントロールするレプチンというホルモンが大幅に減少します。レプチンが足りなくなった脳は、食欲を抑えられなくなってしまうのです。

睡眠不足に対する2つの解消法

睡眠不足の症状に心当たりがある場合は、なるべく早急に対処することが大切です。

睡眠不足は現在の生活に悪影響を及ぼすばかりか、将来の健康リスクも高めてしまいます。睡眠の量と質を改善することによって、睡眠不足を解消してしまいましょう。

1.睡眠の量を確保する

まずは睡眠時間を伸ばせないか考えてみましょう。

寝る前にダラダラとネットサーフィンをしたり、SNSの画面をスワイプしていませんか?睡眠時間が短くなってしまわないよう、夜の時間を見直すことが睡眠不足の解消につながります。

寝る時間と起きる時間を決めて、なるべくキッチリと守るようにしましょう。自然に眠くなったら眠るというリズムができれば、大きな改善が望めますよ。

2.睡眠の質を高める

忙しい生活を送っていて、これ以上睡眠時間を伸ばせないという場合は、その限られた睡眠時間の質を高める努力をしてみましょう。

良質な睡眠を確保できていれば、仮に短い睡眠時間であっても身体は睡眠不足の症状を示すことはありません。8時間眠る必要があるのは子どもまでであるとのデータもあります。

量より質を改善してみましょう。寝付きを良くしたり、日中の過ごし方を工夫するなどして質の高い睡眠を取れば、翌朝の目覚めは快調ですよ。

まとめ

睡眠不足の代表的な症状をおさらいしておきます。

  • 日中の眠気が明らかに多い
  • 集中力が続かない、判断力が落ちている
  • 注意不足によるミスが多くなっている
  • 精神的に安定しない
  • 肌の調子が悪い
  • 食欲が増している

これらの睡眠不足の症状に心当たりがある方は、睡眠の量と質を改善して、早めに睡眠不足を解消しておきましょう。睡眠不足は現在の生活の質を下げるだけではなく、未来の健康にも悪影響を及ぼします。将来のためにも、できることから行って改善することが望ましいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS