脳と心・ストレス

ぐっすり眠ればストレス解消!?睡眠と心の切り離せない関係とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストレス解消には、「ぐっすりと眠ること」が効果的です。嫌なことがあっても、眠れば心もリフレッシュされますよね。

しかしその一方で、ストレスがたまっていると、うまく眠れなくなるのもまた事実。ストレスを減らしてぐっすりと眠るには、どのようにすればいいのでしょうか?

今回は、ストレスと睡眠の大事な関係についてお伝えしていきます。ストレスを減らし、ぐっすり眠ることで、より良い生活サイクルを手に入れてくださいね。

ぐっすり眠れば、ストレスが減る2つの理由

ストレス解消法の1つとして、「寝ること」は多くの人にとってなじみ深いのではないでしょうか。それもそのはず、寝ることは実際にストレスを減らすのに効果的です。

そこには2つの理由があります。

1.睡眠中、脳はストレスのもとになる記憶を整理する

私たちは寝ている間、深い睡眠と浅い睡眠を行ったり来たりしています。そして、特にノンレム睡眠と呼ばれる深い睡眠では、イヤな記憶の整理を行なっています

誰しもイヤな出来事はあるものです。しかし、グッスリと眠ればそうしたストレスのもとも整理されます。翌朝には忘れて、新しいフレッシュな気分で1日を始められるというわけです。

ストレスになるような嫌なことも、「寝て忘れる」ことが効果的なのですね。

2.ぐっすり眠れば、ストレスになるホルモンが減る

ぐっすりと眠れば、日中のイライラや不安が減るようにもなります。

なぜなら、深く眠っている間に、ストレスを生むホルモンが減っていくからです。このストレスになるホルモンが身体の中で多すぎると、イライラしたり、不安な気持ちになってしまいます(1)

つまり、深く眠れていなければ、ストレスになるホルモンが日中も大量に出てしまい、心が不安定になってしまうのです。

翌日をスッキリ良い気分で過ごすためには、夜ぐっすりと眠るのが大切だということですね。

ストレスと不眠の危険なサイクル

睡眠には、上の2つのようなストレスを減らす役割があります。

しかし、ぐっすりと深い睡眠をとれていなければその効果は半減してしまいます。それどころか、ストレスがどんどんと増えることにつながり、ますます眠れなくなります。図のような悪循環になってしまうのです。

このため、毎日をストレスフリーに過ごすためには、この悪循環を「睡眠」と「ストレス」の2つのポイントから止める必要があります。

つまり、

ストレスを減らす効果を得るために、良い睡眠をとる」ことも必要ですが、

良い睡眠をとるために、ストレスを減らすこと」も大切だということです。

まずは寝る前のストレスをなくそう

ストレスをなくすと言っても、生活をしていれば誰しも悩みのタネはありますよね。これは仕方のないことです。

しかし少なくとも寝る前のストレスや不安をなくすことができれば、少しでも良い眠りに近づきます

良い睡眠のためには、不安やストレスによって興奮している脳をしずめることが効果的です。つまり、自分なりのリラックス方法を夜寝る前に持つことです。

まずは以下の3つの方法を試してみてください。

1.温かい飲み物を飲む

ホットミルクなどの温かい飲み物は、ほっと一息をつくのにぴったり。特にカモミールティーは不安をやわらげる成分が入っているためオススメです。

さらにくわしく:気分スッキリ・ぐっすり眠れる!カモミールティーの5つの効果・効能

2.不安を紙に書き出す

どうしても考えてしまうような悩み事は、紙に書いて忘れてしまいましょう。

  1. 紙とペンを用意する
  2. 5分~15分間、悩み事を思いつくままに書いてみる
  3. 書いたその紙はゴミ箱に捨てる

悩みを紙に書いて、文字通り「捨てる」ことは気分を良くするのに効果的だとされています。頭で悩むくらいなら、まずは書くようにしましょう(2)

3.瞑想

やったことがない方も、寝る前に瞑想を試してみましょう。その効果は絶大です。

瞑想はストレスを減らす方法として研究が進んでいるため、近年大きく注目されています。

難しそうなイメージとは裏腹に、簡単に始めることができますよ。座って目を閉じて、意識を集中させるだけです。

5分でできる、詳しいやり方についてはこちらの記事を参考にしてください。

ぐっすり眠ってストレスフリーに

ストレスそのものを減らすだけでなく、うまく眠れるような工夫も必要です。

良い睡眠をとれば、ストレスは減り、より眠れるようになるという良いサイクルが生まれます

ぐっすり眠るために、以下のポイントも見直してみましょう。

オレンジ色の文字から、それぞれのポイントについて詳しく知ることができます。

ぐっすり眠るためのチェックポイント

  • 寝る前の習慣を見直しましょう。運動や食事、入浴など、睡眠に最適な方法があります。
  • きちんと食事をとっていますか?ぐっすり眠るには、睡眠をたすける栄養が欠かせません。
  • 食事が十分にとれない場合、サプリメントを活用することも1つの手段です。
  • 寝室の環境はぐっすり眠れるものですか?空気や音、光は眠りに大きく影響します。
  • 枕やマットレスなど、寝具はピッタリのものですか?

まとめ

生きていれば、ストレスがまったくない!という状態はなかなかありません。人間である以上、何かとストレスは出てくるものです。

しかし、少しでもストレスを減らすことはできます。ぐっすりと眠ってストレスを減らすことも可能です。

できることから少しずつやってみてください。良いサイクルを回していくことが、より良い睡眠と心の健康につながりますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS