寝具

失敗しない寝具選びに必要な3つのポイントとは?寝具別の選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ぐっすりと眠れるような、ベストな寝具選びには外せないポイントがあります

何となくデザインや雰囲気で選ぶのではなく、硬さや重さ、通気性など、あなたにピッタリの寝具を見つけましょう。これが毎日グッスリと眠るための近道です。

今回は、より良い眠りに大切な寝具の選び方についてお伝えします。たかが寝具、されど寝具で睡眠の質は大きく変わりますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

寝具選びのポイントは3つ

寝具選びに重要なポイントは大きく3つあります。

それは、

  1. ラクな姿勢で眠れること
  2. 熱や湿気がこもらないこと
  3. 素材の質が高いこと

です。くわしく見ていきましょう。

1.ラクな姿勢で眠れること

寝具はまずは寝心地が良いこと。これに尽きます。

寝心地の良さとは、身体に無理な力がかからず、寝ている間にラクな姿勢がキープできることです。

ベストな姿勢で寝ているとき、背骨は自然なS字型のカーブをえがいています。これが歪んでいると、グッスリと眠れなくなってしまうのです。

例えば、枕ではちょうど良い高さのものを選べば、背骨が自然な状態をキープできます。高くても低くても、背骨に無理がかかり、安眠がさまたげられてしまいます。

まずは自分の寝方や体型にあった、ラクな姿勢を保てるものを探しましょう。

2.熱や湿気がこもらないこと

布団やまくら、マットレスの快適さは、熱や湿気が大きく左右します。

私たちは寝ている間に体温調節をしています。体温が下がることによって、ぐっすりと眠ることができるのです(1)

しかし、布団の中で熱や湿気がこもっていればうまく眠れません。汗をかきやすくなって、寝ている間の不快感につながりってしまいます。

したがって、ちょうど良い熱をキープして、なおかつ通気性も良い布団やマットレスを選ぶのも大事なポイントになります。

3.素材の質が高いこと

寝具は基本的に毎日使うものです。それも一晩に6時間や8時間といった長い時間です。

これは生活の3分の1にあたりますから、なるべく質の高いものを買っておいて絶対に損はありません。

枕は1年から2年、マットレスは5年以上使うことになります。すぐにダメになってしまっては、そのあとの眠りが台無しになってしまいますよね。

なるべく質の高いものを選べば、最初のフワフワとした弾力や、サラッとした通気性はずっと続きます。特に布団は、素材によって保温性能は大違いです。

寝具の質は、睡眠の質です。ぜひ、質の高いものを選んでみてください。

寝具別の選び方

ここからは上の3つのポイントを頭においた上で、それぞれの寝具別に具体的な選び方をお伝えしていきます。

枕の選び方

枕はちょうど良い高さのものを選びましょう。頭から背骨にかけての自然なカーブが重要です。

また、素材によって枕の特徴は違います。例えば、そばがら枕は通気性に優れていますが、比較的かたい枕です。自分の好みによって選びましょう。

また、枕を2つ以上用意しておいて、その日の気分によって変えるのも手。

寝方によってもベストな枕は変わります。抱きまくらは横向き寝の人にオススメです。

マットレス(敷き布団)の選び方

寝ている間、体重を受けとめているのはマットレスや敷き布団です。寝ころがって、きっちりとカラダを支えてくれるものを選びましょう。

やわらかすぎるマットレスは、寝ている間に無理な力がかかってしまいます。逆に硬すぎると、カラダが圧迫されてしまいます。すると寝返りが多くなり、ぐっすり眠れない原因に。

安眠のためには、土台がしっかりしていることが必要です。

長く使っているとカラダを支える力が弱くなってしまうため、7年に1回は買いかえましょう。

かけ布団の選び方

かけ布団は軽くて、あたたかいものがベストです。

重すぎる布団は良くありません。血管が圧迫されてしまい、しびれや寝返りにつながります。

かと言って、薄くて寒い布団ではぐっすり眠れません。熱を出すために、筋肉がこわばってしまうからです。これではカラダが休まらないのです。

このため、なるべく質の高い布団を選ぶことが大事になります。特に羽毛布団などは、素材の質が良いものほど「軽さ」と「暖かさ」をかねそなえています。

さらに詳しく:

人気のおすすめ掛け布団12選!あなたにオススメなのはコレです!

シーツの選び方

シーツは通気性が何よりも大事です。熱や湿気がこもってしまうと、ぐっすり眠れません。

また、週に1回は洗濯できるように、同じものが2セットあると良いでしょう。

さらに詳しく:

ぐっすり快眠!ベッドシーツの選び方は?オススメが分かる3つの質問

自分にぴったりの睡眠は、寝具でつくれる

眠れないことがある、夜中に起きてしまうなど、何か睡眠に問題をかかえていませんか?

「仕方ない」とあきらめるなんてもったいないことです。

より良い眠りのために、寝具を変えてみましょうほかのどんな方法よりも確実です

自分の体型や寝る姿勢など、睡眠スタイルは人それぞれ。あなたに合った寝具が見つかれば、きっと睡眠は良くなりますよ。

まとめ

寝具選びのポイントは、ぐっすりとストレスなく眠れることです。ベストな布団、枕に身をあずけて質の良い睡眠を毎日とれば、起きたあとの1日は最高になるでしょう。

ぜひ、今回のポイントを参考にピッタリな寝具を見つけてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS