眠れない

不眠症になる7つの原因とは?少しでも早く快眠をとり戻す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうして不眠症になってしまうのでしょうか?原因は人によって様々ですが、もっとも大きいのはやはりストレスです。他にも、眠りに関わる習慣が影響していることもあります。

不眠症の原因を知ることは、朝までぐっすりと眠ることへの第一歩です。

今回は、不眠症の7つ原因と、効果的な解決策をお伝えします。快眠できる毎日に戻るための手がかりにしてくださいね。

不眠症とは?チェックするべきこと

まず、以下の項目に1つでも心あたりがないかチェックしてみてみましょう。

  1. 布団に入ってもすぐに寝つけない
  2. 朝早く目ざめてしまう
  3. 夜中に目覚めてしまう
  4. 寝ても疲れが取れていない

これらのサインが1日から数週間に渡って続けば、急性の不眠症です。不眠症といっても、まだ比較的にかるいため、適切な対処でまたぐっすりと眠れるようになります。

しかし週に3回以上、1ヶ月以上にわたって続く場合は慢性的な不眠症だとされます。はやめに医師の診断を受けるべきでしょう。

不眠症の7つの原因

不眠症の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?自分にあてはまるものがないか、1つ1つみていきましょう。

原因1|急激なストレス

急激なストレスは不眠症の原因として代表的です。

たとえば、離婚や人の死、失業はもちろんですが、仕事が変わったり、引っ越しをしたりすることも急激なストレスになります。

身の周りの物事が急に変われば、その変化がストレスとなり、不眠症におちいりやすくなるのです。

原因2|病気

ある種の病気によって不眠症になることもあり得ることです。

がんや糖尿病、ぜんそくや逆流性食道炎などの病気をもっている場合、良い寝つきが奪われてしまうと言われています。

原因3|身体の痛みや不快感

身体の痛みや不快感も、不眠の原因です。

腰痛やケガなどで身体が痛ければ、それが気になって寝つけなくなりますよね。眠れたとしても、ぐっすりとは眠れず、目ざめてしまうこともしばしば起こるようになります。

原因4|眠りをさまたげる環境

寝るときの環境によって、眠りが奪われている可能性もあります

音がうるさかったり、光がまぶしいことは眠りをさまたげる要因です。寝室や布団の中が暑すぎても寒すぎてもぐっすりとは眠れなくなってしまいます。

さらにくわしく:グッスリ眠れる寝室とは?睡眠にベストな環境をつくる3つのポイント

原因5|薬

抗うつ薬や抗生物質、血圧を下げる薬などは不眠につながる可能性があります。

これらの薬の作用によって、うまく眠れなくなってしまい、不眠症となってしまうのです。

原因6|睡眠リズムの乱れ

時差ボケや夜勤によっても、不眠症におちいる可能性が高まります。

きちんと睡眠をとるためには、毎日の適切な睡眠リズムが欠かせません。ひとたびリズムが崩れてしまえば、眠れないことが多くなり、不眠症となってしまいます。

さらにくわしく:理想的な睡眠のリズムとは?規則正しく寝るための3つの方法

原因7|うつ病・慢性的なストレス

うつ病の症状として、不眠症は代表的です。ずっとストレスを感じ続けていれば、脳はリラックスできず、深い睡眠を取れなくなってしまうのです。

その結果、眠れなくなったり、よく目ざめてしまうといった症状につながります。

不眠症でもぐっすり眠るには?

不眠症によって良い睡眠がとれていなければ、ますます健康状態は悪くなってしまいます。できることから始めて、少しでもぐっすりと眠るべきです

ぐっすりと眠るために、以下の方法を試してみてください。いずれの原因による不眠症でも、より良い睡眠をつくる習慣をとりいれることが効果的です。

不眠症でもぐっすり眠るための方法

不眠症の治療はどうすれば?

不眠症の治療には、病院に行くことがもっとも確実です。

ストレスや不安が原因の場合は、お近くの通いやすい心療内科や精神科へ。あるいは、かかりつけの先生に相談してもみてもいいでしょう。

また、「不眠外来」という専門のクリニックもあり、より専門的な診療を受けることもできます。

まとめ

不眠症の7つの原因

1.急激なストレス
2.病気
3.身体の痛みや不快感
4.眠りをさまたげる環境
5.
6.睡眠リズムの乱れ
7.うつ病・慢性的なストレス

不眠症は1つ1つできることを取り入れることによって改善がみこめます。原因に正しくアプローチをして、少しでも早く、ぐっすり眠れる毎日を取り戻してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS