脳と心・ストレス

脳の疲れをとる5つの方法!疲労をためずに、毎日元気にすごすコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なんだか疲れてるな…と感じたら、もうあなたの脳はクタクタかもしれません。

毎日毎日、頭や身体を使いすぎていませんか?実は、頭だけでなく、カラダの疲れも脳にたまっていくことが分かっています。つまり、どんな疲れも、まず「脳の疲れをとる」ことが大切なんです。

そこで今回は、効果的に「脳の疲れをとる」5つの方法をお伝えします。疲れをとりはらって、脳がダメになってしまう前にリフレッシュを行いましょう。

脳の疲れをとる5つの方法

疲れているなと思ったら、次の5つの方法を試してみましょう。

1.深い睡眠をとる 

脳の疲れをとるには何と言っても「深い睡眠」が必要です。

1日中はたらいた脳は、たくさんのゴミがたまっている状態です。実は、この脳内のゴミは寝ている間でしか取ることができません(1)

寝ている間、もっとも脳の疲れがとれるのは「深い睡眠」のとき。したがって、寝つきを良くして、ストンと深くまで眠ることが大切なのです。

睡眠時間をムリにのばす必要はありません。脳の疲れをとるために、深く眠るための習慣をとりいれましょう。

深い睡眠をとるには:

さらにくわしく:寝付きを良くしてぐっすり眠れる!今日から始める入眠儀式のススメ

2.疲労回復にきく食事をとる

疲れたからといって、栄養ドリンクやエナジードリンクに頼ってはいませんか?

そんな方法より、疲労回復に効果があるのは「鶏のむね肉」です。

鶏のむね肉には、「イミダペプチド」という疲労回復の成分が入っています。イミダペプチドは脳に直接はたらきかけ、他の栄養と比べても効果が高いことが分かっているのです(2,3)

また、酸っぱい梅干しやレモンなどに含まれる「クエン酸」も疲労回復に効果的です。

疲れているなと思ったら、鶏のむね肉をサラダチキンにして、レモンや梅干しと一緒に酸っぱく食べる。これが正解なんですね。

疲労回復にきく食事:

  • 鶏のむね肉を1日に100gほど食べるようにする
  • 梅干しやレモンは1日2個を目安に食べる
  • イミダペプチドのサプリを試してみるのも1つの手

3.瞑想をする

脳の疲労をとるために有効な方法として、「瞑想」が注目されています。

瞑想をすることによって、「何も考えない状態」になります。これによって、働きすぎな脳の神経を休めることができるのです。

最初は、「瞑想なんて難しい…」と思いますよね。しかし、まったくの初心者でも、瞑想の効果は実証済みです(4)

座って、目を閉じて、意識を集中するだけです。1日5分から、瞑想を始めてみましょう

5分間瞑想のやり方

  1. クッションなどの上にお尻を置いて、あぐらをかいて座りましょう。
  2. ぐっとと前屈をして、目を閉じ、身体を持ち上げながら姿勢をただします。
  3. お腹まで息を吸って、ゆっくりと吐くように呼吸をととのえます。
  4. 吸うときに「オーン、ナーム」吐くときに「スバーハー」と心で言葉をとなえることに集中します。
  5. 考えが浮かんでも放っておきましょう。5分間の間、浮かんだ考えは眺めるだけにします。

さらにくわしい瞑想のやり方はこちらをご覧ください。

4.軽い運動をする

仕事の合間に、軽い運動をとりいれてみましょう。長時間同じ姿勢を続けていると、血流が悪くなり、疲労がたまってしまいます。

そこで、軽い運動によって血流を良くし、疲労を流すのです。

運動といっても、仕事の合間に立ち上がってトイレに行く、ということでもかまいません。軽いストレッチでも血流は良くなります。

脳への血流も増えて気分も高まり、仕事の能率も上がります。ぜひ、休憩に軽い運動をとりいれてみましょう(5)

疲れをとる運動法

  • 1時間に2回~3回は立ち上がって、身体を動かすようにする
  • 身体をのばすストレッチも効果的
  • ただし、激しい運動は逆に脳の疲れをためてしまう原因に。運動もほどほどにする

5.「何もしない」時間を作る

疲れをとる最後の手段は、文字通り「何もしない」ことです。

1日のうちのちょっとした時間、例えばランチタイムや夜のリラックスの時間など、自分の仕事から離れる時間を持つことです。

脳の疲れは、神経を使いすぎてしまった結果です。このため、神経を使わないように、ボーッとする時間が必要なのですね。

頭を使わずにのんびりすることで、脳を休ませてエネルギーを充電しましょう。

何もしない時間をつくるために:

  • どんなに忙しくても、仕事のことは考えない時間を1日のなかに持つ
  • できれば週に一回は、何も予定がない1日にする。気合の入った「お出かけ」はせずに、近所をのんびりと散歩しよう
  • 「何もしない日」をスケジュール帳に今すぐ書き込む

脳の疲れをためない3つのコツ

疲れはためこむものではなく、つねに解消しておくものです。

日頃から、疲れをなくすように心がけましょう。次の3つを取りいれてみてください。

1.こまめな休憩をとる

最低でも1時間に1回は休憩をとるようにしましょう

たとえば、タイマーを活用して、「25分たったら5分休憩する」といった方法が効果的です。

休憩中には、ストレッチや軽い運動などを取りいれて、脳に違った刺激を与えましょう。こうすることで、神経の疲れをふせぎます。

2.同じ仕事を長時間続けない

脳を疲れさせないために、1つのことだけに集中して長時間やるのはやめましょう。目の前の作業に飽きてきたなと思ったら、脳が疲れているサインです。

「飽きた」と感じる前に、休憩をとることはもちろんですが、別の活動に切りかえることも効果的な方法なのです。

脳の同じ神経を使いすぎてしまうのを防ぐため、最終的な疲れはぐっと減りますよ。

3.決断を減らす

日常で行う決断の数を減らしましょう。極端かもしれませんが、かなりの効果があります。

例えば、服を選んだり、ランチは何にするかなど、選択しなければいけないことは、あらかじめ同じモノに決めておくのです。

決まりきったルーチンにしてしまうことで、頭がムダなエネルギーを使ってしまうのを防ぎます。

まとめ

毎日が忙しい!という人にとって、脳の疲れは放っておくと危険です。

逆に、常に脳を休ませることを意識すれば、よりパワーに満ちた毎日が送れます。ぜひ、今回紹介した方法を取り入れてみてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS