睡眠について

睡眠物質を増やすとグッスリ!?3つの眠気コントロール法で快眠に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「睡眠物質」って何か、気になっていますね。

睡眠物質は、私たちの睡眠を大きくきめている脳の物質です。眠気の度合いや、睡眠時間を決めているのも、睡眠物質のしわざなのです。

今回は、そんな睡眠物質についての知識をお伝えします。睡眠物質をコントロールする方法で、よりよい睡眠ライフを送ってくださいね。

睡眠物質とは?どうやってたまるのか

睡眠物質とは、私たちの睡眠リズムをコントロールする物質です。

睡眠物質は、私たちが起きている間にたまっていきます。頭をつかったり、カラダを動かすと睡眠物質がたまるのです。

睡眠物質がたまったのを脳が感じると、「今日はこんなに働いた!じゃあ、もう寝ないとダメだな」と、睡眠モードに切りかわります。

つまり、1日働いたあとにグッスリ眠れるのは、睡眠物質がたくさんたまっているからなんですね。

睡眠物質を増やしてグッスリ眠る3つの方法

睡眠物質を増やせば、夜には大量にたまって、グッスリ眠れる状態になりますよ。次の3つの方法が、睡眠物質を増やすのに効果的です。

1.活動的に過ごす

まずは、1日を活動的に過ごすことです。メリハリのある生活を心がけましょう。

朝からバリバリと働くことで、睡眠物質はたまっていきます。

仕事でも勉強でも、ボーッとせずに1日頭を使うようにすれば、ベッドに入る頃にはストンとぐっすり眠れることでしょう。

2.運動をする

運動をすることによっても、睡眠物質は増やせます

カラダを動かしているのは脳の神経ですから、そこをしっかり使うことで睡眠物質もたまっていくわけですね。

寝る前の運動はオススメできませんが、お昼や夕方など、日中に運動を取りいれてみましょう。

3.夜のカフェインをひかえる

カフェイン睡眠物質のはたらきをさまたげるため、少なくとも夜はコーヒーををひかえましょう

コーヒー以外にも、お茶やチョコレート、エナジードリンクなどにもカフェインが入っているため、これらの飲み物にも注意が必要です。

さらにくわしく【飲み物別】コーヒー・紅茶などに含まれるカフェイン量の一覧

逆に睡眠物質を減らすとどうなる?

逆に、睡眠物質を減らすと、それだけ睡眠時間も短くなります

睡眠物質を減らすには、たとえば瞑想が効果的です。瞑想の効果によって、脳のムダな活動が減り、睡眠物質がたまる量も減るのです。

実際に、瞑想をおこなった実験では、必要な睡眠時間が減ったとも言われています(1)

つまり、短めの睡眠時間で何とかやっていきたい!という人には、ムダな睡眠物質を減らす瞑想がオススメなんですね。

さらにくわしく5ステップで簡単!初心者でもできる効果的な瞑想のやり方

まとめ

睡眠物質は、私たちの睡眠を支えている存在です。かしこく睡眠物質をコントロールして、あなたの睡眠をよりよいものにしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS