睡眠不足

寝不足がたちまち解消する!つらい眠気を乗り切る6つの方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

起きてからもずっと眠気が続いていれば、それは寝不足の可能性が高いでしょう。つら〜い眠気は、放っておいても良いことはありません。

睡眠を削って仕事をしたり、ついつい夜更かししてしまう…といった方は要注意。集中力が続かなくなっていたり、イライラしやすくなってはいませんか?

今回の記事では、そんな眠気を今スグなくす2つの方法と、寝不足を根本的になくす4つの方法をお伝えしていきます。この際ですから、きっちりと寝不足はなくしてしまいましょう。

今スグきく!寝不足を乗り切る2つの方法

「寝不足だ…」と感じたら、まずはこれ。寝不足でも何とか乗り切るための方法を2つ試してみましょう。

1.15分の仮眠でリフレッシュ!

仮眠は短時間でも効果的です。15分のタイマーをセットして、目を閉じて眠ってしまいましょう

昼寝は短時間のうちに眠気を解消するもっとも確実な方法です。もっとも効果が高い10分~15分を守れば時間もムダにはなりません。これより短くては効果が薄いですし、長くても起きたあとがつらくなります。

横になる必要はありません。机で突っ伏して寝るだけでも眠気は解消されます。まずは15分の仮眠を試してみましょう。

2.10秒間のツボ押しで眠気解消

仮眠よりも短い時間でできる効果的な方法は、ツボ押しです。ツボを覚えてしまえば、たった10秒で眠気を乗り切れるでしょう。

中衝のツボは眠気解消の最強ツボです。中指の人差し指側に爪の生え際にあるこのツボを、10秒間親指の爪で押してみてください。重たいまぶたが一瞬で持ち上がりますよ。

さらにくわしく:眠くなったらココを押せ!眠気覚ましのツボ7選【今すぐスッキリ】

今晩からできる!4つの寝不足解消法

眠気を解消したら、やらなくちゃいけない仕事も早く終わりますよね。その晩は早く終わった分だけ、ふだんよりもグッスリと寝て寝不足を解消しましょう。

3.まずは寝る時間を決める。

毎晩、寝る時間が不規則だという方は要注意です。知らず知らずのうちに睡眠時間が削られてはいませんか?

まずはベッドに入って寝る時間を決めましょう。「今日は12時に寝る」というように、宣言します。これをきっちり守ることで、睡眠時間の確保につながります。

人によって差はありますが、7時間前後がちょうど良い睡眠時間の目安です。自分がどれくらい眠ればいいのかは、こちらの記事を参考にしてください。

4.寝る前はスマホの電源をオフ!

寝る時間を決めたら、夜更かしの原因を取りのぞきます。やはり睡眠時間を奪う原因第一位はスマホ。特にSNSなどは脳を興奮させてしまいます。その結果、グッスリとした眠りをうばわれてしまいます。

スマホは、ベッドに入る1時間前になったら電源をオフにするか、機内モードにすることです。電波をカットして、大切な睡眠を守りましょう。

5.寝る前の食事をひかえよう

仮に短い時間でも、グッスリ眠りたいですよね。最大限に睡眠の効果を高めるためには、寝る前の食事をひかえることが有効です。

実は、食べ物がお腹に入っている状態では、グッスリと身体が休まらないのです。寝つきも悪くなってしまい、長くベッドに入っていたのに眠れなかった…という悲しい結果にもなりかねません。

寝る3時間前になったら、食べ物はお腹にいれないようにしましょう。遅くとも90分前には完全にシャットアウトすることが、睡眠の質を高めます。

6.入浴のタイミングは寝る前にする

お風呂に入るタイミングは寝る前に変えましょう。ちょっとしたことですが、入浴は大きく寝つきを良くする方法です。

お風呂につかって上がった体温は、上がったぶんだけ下がります。人間は、体温が下がるとともに眠気をもよおすため、そのままスムーズに寝つけるというワケです。

寝る90分前になったら、お風呂タイムにしましょう。リラックスしてそのままグッスリと眠れば、明日には寝不足も解消されていますよ。

二度と寝不足にならないためには?

寝不足は、睡眠がおろそかになっていることの裏返しです。上の6つの方法で寝不足を乗り切ったあとは、少しずつでも睡眠を見直してみましょう。毎日グッスリ眠れていれば、寝不足にはなりません。

寝不足でボーッとすることがなくなれば、仕事や家事、勉強もはかどりますすると、結果的には時間に余裕もできることでしょう。

最後に、毎日グッスリと眠るためにとりいれたい3つのことを紹介しておきます。

1.寝る前の習慣が大事

毎日ぐっすりと眠るために、寝る前の習慣を作ってみましょう。

「寝る前の食事をひかえる」「寝る前に入浴をする」など、寝る前に決まってしておく習慣があれば、安定して質の良い睡眠がとれるようになります。

さらにくわしく:寝付きを良くしてぐっすり眠れる!今日から始める入眠儀式のススメ

2.良い睡眠ための栄養をとる

質の良い睡眠には、きちんと栄養をとることが欠かせません

食品から栄養をとるにはは、豆腐納豆アーモンドバナナなどがオススメです。これらの食品には睡眠を助ける栄養が多く含まれています。

また、食事から栄養がとれているか不安な方は、サプリメントを活用するのも1つの手です。

3.寝具やパジャマにもこだわろう

何年も寝具を買いかえていない…という方は、新しいものに変えることも考えてみましょう。

自分に合っていない寝具やパジャマを使っているせいで、良い睡眠がとれていない可能性があります

さらにくわしく:失敗しない寝具選びに必要な3つのポイントとは?寝具別の選び方!

まとめ

睡眠不足は、早めに解決しなければいけないことです。まずは仮眠やツボ押しで眠気を解消し、寝不足を乗りきりましょう。そして、少しずつ睡眠を変えて、寝不足とは縁のない生活を手に入れてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS