マグネシウムの9つの効果

食事と栄養

最新の研究でわかった!マグネシウムが身体にもたらす9つの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マグネシウムは私たちの体内でも特に重要なミネラルの一つです。

マグネシウムはエネルギーを生み出すといったはたらきを持っているほか、筋肉の運動や神経システムにとっても欠かせない存在となっています(1)。

マグネシウムを適切にとることによって、さまざまな効果がもたらされます。今回は、研究によって明らかにされた9つのマグネシウムの効果をお伝えします。

マグネシウムによって健康になる!2つの効果

マグネシウムの効果によって、より健康なカラダが手にはいります。

1.寝付きを良くし、睡眠の質を高める

マグネシウムは寝る前の身体のリラックスをうながし、睡眠の質を高めてくれる存在です。

マグネシウムによって、身体が副交感神経に切り替わり、リラックスモードになるのを助けるほか、快眠ホルモンであるメラトニンもきちんと働くようになります(2,3)

またマグネシウムは、GABAという物質のはたらきにも関わっています

GABAは神経を落ち着かせるはたらきがあり、マグネシウムによってその効果はより発揮されます。マグネシウムの存在が、より質の高い睡眠につながるのです(4,5)

2.運動能力を高める

マグネシウムは筋肉のエネルギーとなる血糖を運ぶはたらきを助け、運動能力を高めます。このため、運動時には10%~20%多くのマグネシウムが必要とされているのです(6)

実際にトライアスロンの選手を対象にした実験では、4週間にわたってマグネシウムを摂取すると、どの種目においても速い結果が出たというほどです(7)

マグネシウムが解決する3つの症状

頭痛や便秘、生理痛などの症状にあてはまる方は、マグネシウムの力を借りてみるといいかもしれません。

3.偏頭痛をやわらげる

偏頭痛に悩む人の多くは、マグネシウム不足の傾向があると言われています(8)

逆に、マグネシウムが豊富な食品を摂取すれば、偏頭痛の症状は改善するとも言えます。頭痛持ちの方は、マグネシウムの多い食品をとってみるといいかもしれません(9)

4.便秘の解消

マグネシウムは便秘の解消に効果的です。

マグネシウムの筋肉を和らげるはたらきがお腹をゆるくします。また、腸に水分を届けることも助けるため、サプリメントの使用などによって、便秘が改善されることが期待できます(10)

5.生理前の症状をおさえる

女性に特有の生理前の症状は、マグネシウムによってやわらげることが可能です。

適切なマグネシウムの摂取によって、腹痛や疲労感、イライラなどが改善されます(11,12)

マグネシウムが防ぐ4つの健康リスク

マグネシウムを充分にとることによって、将来の健康リスクを防ぐことができます。

6.うつ病のリスクを下げる

脳の機能と大きく関わっているマグネシウムは、うつ病のリスクとも切り離せません

8800人を調査した研究では、マグネシウムをもっともとらなかったグループは、22%もうつ病のリスクが高かったとの結果もあります(13)マグネシウム不足が、大きく心に影響しているのです。

7.体内の炎症をふせぐ

マグネシウムは老化や肥満、生活習慣病のもとになる炎症を防ぐと考えられています(14,15,16)

体内のあらゆる機能に関わっているだけに、不足していると広く健康を損なう恐れがあるのです。

8.糖尿病のリスクを下げる

糖尿病の特徴として、インスリンが血糖値を充分に下げることができないことがあげられます。

しかし充分なグネシウムをとっていれば、インスリンのはたらきは正常に保たれます

実際にマグネシウムを多くとる人の糖尿病リスクは少なく、4000人を対象にした20年にわたる調査では、糖尿病にかかっていた確率はマグネシウムが不足していたグループに比べ47%も低いことがわかっています(17)

9.血圧を下げる

マグネシウムは高い血圧による危険な状態からカラダを防ぐ存在です。

マグネシウムの摂取によって、高血圧ぎみの人の血圧には大きく改善が見られたとの研究もあります(18)

まとめ

マグネシウムはカラダの様々な分野で大きな役割をになっている物質です。ひとたび不足すれば、カラダの不調につながるばかりではなく、将来の病気にもつながりかねません。

ほうれん草やナッツ、バナナやアボカドといった、マグネシウムの多い食品を意識的にとったり、サプリメントでマグネシウムを補うなどの対策をとってみるといいいかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS