快眠するコツ・習慣

入浴の6つの効果!お風呂に入るだけでグッスリ快眠・運動にもなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

入浴には驚くほどの健康効果があります。毎晩のお風呂は、単にリラックスできるだけではないのです。

お風呂は疲れをとって肌をキレイにするほか、運動と同じような効果もあり、まさに良いことづくめです。

今回は、そんな入浴の6つの効果についてお伝えします。また、その効果を最大限にゲットするコツも紹介します。ぜひ、寝る前の入浴を習慣にして、毎日を気持ちよく過ごしてくださいね。

入浴の6つの効果

毎晩の入浴は、次の6つの効果が期待できます。

1.ストレス解消・リラックス

ストレス解消や、リラックスの方法として、入浴はとても効果的です。

お風呂につかると、心の緊張はほぐれます水の中に入ると、私たちはお母さんのお腹の中にいるような感覚を覚えるからです(1)

実際に、毎晩お風呂につかる人を調査した結果、心の健康状態に大きく差が出たとも言われています。入浴によって、悲観的にならずに、毎日を楽しむことができるのです(2)

1日の終わりのバスタイムは、リラックス習慣としてきちんと効果があることなのですね。

2.寝つきが良くなる

毎晩、ぐっすり眠りたい方には寝る前の入浴がオススメです。

お風呂でゆっくりと温まると、あがった後に体温が下がります。そのタイミングでベッドに入ると、スムーズな寝つきになるのです(3,4)

これはどうしてかというと、人間は体温が下がるタイミングで眠くなる性質があるからです。つまり、お風呂で体温を「上げて」、その後に「下がり」、眠気がやってくるということです。

お風呂に入るタイミングは、寝る90分前すると良いでしょう。その後にぐっすりと眠れば、翌朝にはリフレッシュできていますよ。

3.やせるかもしれない

体重キープのためにも、入浴を毎日の習慣にしてみるといいかもしれません。

入浴は血液の巡りを良くし、心拍数をあげます。これは、軽い運動と同じくらいの効果があります(5)

なんと1時間の入浴は、140キロカロリーの消費(30分のウォーキング程度)にもなるとも言われているほどです(6)

また、ほぼ毎日20~30分の入浴をしてもらったところ、平均で約2キロもの体重が1ヶ月で減ったとの研究結果もあります(7)

運動をするヒマがない!という方にも、入浴は手軽に運動の効果の得られる方法だと言えそうですね。

4.疲れをとる

1日の疲れはお風呂でとってしまいましょう。温湿布のような疲れをとる効果が得られます。

水につかることによって、血液の巡りがよくなります。すると、筋肉にたまっている疲れが取りのぞかれるのです(5)

また、熱いお湯につかると、筋肉が温まります。すると、傷んでいる筋肉の「痛みセンサー」をブロックし、痛みもとれるのです(8)

疲れは明日に持ちこさないよう、寝る前にお風呂につかってリラックスすることが効果的なのです。

5.血糖値を下げる

血糖値高め…な人も、入浴を毎日の習慣にすると効果的かもしれません。

入浴によってカラダが温まると、血糖値のコントロール能力が高まります入浴は、運動よりもこの効果が高いとも言われています。入浴で、血液中の糖分の量が正常に保たれるのです。

ある研究では、入浴後の24時間の血糖値を調査したところ、運動をしたグループよりも10%も血糖値が低かったという結果も(6)

毎晩、お風呂につかることが健康を保ちます。運動よりも簡単にできる方法で、少しでも血糖値を下げてみましょう。

6.肌をキレイにする

毎晩の入浴で、お肌もキレイになります。

血液の巡りがよくなり、体温が上がることによって、皮膚の毛穴が開きます。肌にたまっていた汚れを洗い流すことができるのです。

また、特に乾燥肌に効果的な治療方法としてお風呂が使われてきました。オリーブオイルや、ココナッツオイルを入れて入浴をすると、肌の保湿に効果的なのです(9)

キレイなお肌を保つためにも、毎晩のバスタイムが大事なのですね。

効果的な入浴方法の2つのポイント

ここからは、効果的な入浴の方法を紹介します。2つのポイントをおさえれば、入浴による嬉しい効果が高まります。

1.タイミングは寝る90分前がベスト

お風呂につかるタイミングとして、もっとも効果的なのは寝る90分前です。「寝る前のお風呂」を習慣にしましょう。

このタイミングでお風呂に入って体温が上がれば、寝る時間になると体温が下がってきます。体温が下がれば、眠気がやってくるため、ぐっすりと寝つけるようになるのです。

逆に寝る直前では体温が上がってしまい、眠気がやってこずに逆効果になります。注意しましょう。

2.お風呂につかる時間の目安は10分~15分

いくら効果があるといっても、長風呂はオススメされていません。

運動と同じほどの効果があるということは、それほど身体に負担がかかっているということでもあります。

長風呂によってグッタリ疲れてしまえば、逆効果ですよね。このため、お風呂につかるのは10分~15分程度にとどめるのが良いとされています。

特に、心臓に問題のある方や高血圧の方は、医師と相談した上で入浴を行うのが良いでしょう。妊娠中の方もNGです。

まとめ

入浴の6つの効果

1.ストレス解消・リラックス
2.寝つきが良くなる
3.やせるかもしれない
4.疲れをとる
5.血糖値を下げる
6.肌をキレイにする

入浴は手軽にできて、なおかつ健康的な習慣の1つです。ぜひ、寝る前の15分間の入浴で毎日リフレッシュしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS