スグに眠る方法

すぐに眠くなる!安眠・快眠のツボ9選。眠れないならココを押せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝床についても、なかなか眠れない。夜なのに眠気が来ない。そんなときは、眠くなるツボを押してみましょう。

眠れない原因は、身体がこわばっていたり、心が落ち着かずリラックスしていないこと。ツボを押せば、これらの原因は解消してぐっすりと眠れますよ。

今回は、眠れない夜に押したい、睡眠にきく9つのツボを紹介していきます。どれもすぐに見つけることができ、一人でも簡単に押せるツボです。夜眠る前にはぜひお試しください。

眠れないならまずココを押せ!眠気を呼ぶ2つのツボ

眠れないなら、まずは次の2つのツボを試してみてください。ジワリと効いて、眠くなってきます。

1.押せば睡眠ホルモンが出る!?「神門」のツボ

手首にある神門のツボは、心を落ち着け、スムーズな寝付きを助けます

イタリアで行われた研究では、快眠ホルモンのメラトニン分泌に効果的である可能性も示されているという強力なツボです1,2)

ツボの位置・探し方

手首の内側にあります。小指のスジをたどって、手首のスジとまじわるポイントです。やや薬指よりのところがツボになります。

ツボの押し方・コツ

親指と人差し指ではさむようにして、人差し指をツボの位置にグリグリと押し込みましょう。

2.安らかな眠りをもたらす「安眠」のツボ

安眠のツボ

文字通り、安眠効果をもたらすツボです。寝る前にこのツボを押せば、じわりとした痛みが眠りに効きますよ。

ツボの位置・探し方

耳たぶの後ろにある出っぱった骨から、親指1本分ほど下にいったところ。頭の骨と、アゴの骨の間です。

ツボの押し方・コツ

両手の人差し指をツボにあて、骨と骨の間にめりこませるようにしてグリグリと押しましょう。

心を落ち着けてリラックスできる4つのツボ

考えごとや不安で眠れない?グッスリ眠りたいなら、心を落ち着けましょう。リラックスできる4つのツボを紹介します。

3.感情を安定させる「百会」のツボ

百会のツボ

頭のいちばん上にある百会のツボは、神経のバランスをととのえ、心に安らぎをもたらします

他にもめまいや立ちくらみ、頭痛、二日酔いなどにも効果アリの万能ツボです。

ツボの位置・探し方

左右の耳を頭の上で結んだ線の真ん中にあります。

ツボの押し方・コツ

中指を立ててツボの位置にあて、真下にゆっくりと押し込みましょう。

4.ストレスをやわらげる「内関」のツボ

内関のツボ

腕にある内関のツボは、ストレスや精神的な疲れを和らげ、頭痛にも効果があると言われます。

気軽に押しやすいツボですので、ストレスの多い仕事中のリラックスにも使えますよ。

ツボの位置・探し方

手のつけねのシワから指3本分ほどはなれた辺り

腕の中心を通る線上より、少しだけ薬指よりにずらしたポイントです。

ツボの押し方・コツ

腕をつつむようにして、親指をツボにあてます。指のハラでゆっくりと垂直に押しましょう。

5.精神力が回復する「完骨」のツボ

完骨のツボ

完骨のツボは、頭の血流を良くし、精神にやすらぎと活力をもたらします。

不眠のほか、片頭痛やめまいなどにも効果があると言われています。

ツボの位置・探し方

耳の後ろにある出っぱった骨を、首筋に向けてたどっていった先のくぼみになります。

頭の骨のすぐ下あたりのポイントがツボです。

ツボの押し方・コツ

両手の親指をツボにあて、押し上げるようにして左右同時に押しましょう。

6.精神が安定し、生命が湧いてくる「湧泉」のツボ

湧泉のツボ

足の裏にある湧泉のツボは、足の疲れや精神の安定に効果テキメンです。

身体に生命を届けるツボとも言われ、憂うつなときや、不調を感じたときには押したいツボの一つです。

ツボの位置・探し方

足の指を曲げたときにできるくぼみの、人差し指に近いところです。足裏を3等分にしたポイントが目安。

ツボの押し方・コツ

ツボに親指をあて、足裏を軽く握るようにします。ツボの位置に親指をねじり込むような感覚で押していきましょう。

カラダをほぐして眠りに導く3つのツボ

1日の疲れでカラダがこわばってはいませんか?カラダをほぐし、お休みモードに変えてくれる3つのツボはこちら。

7.カラダのこわばり、頭痛にきく「天柱」のツボ

天柱のツボ

首の後ろにある天柱というツボは、肩こり首のこり筋肉のこわばりから来る頭痛などに効果的です。

ツボの位置・探し方

後頭部の髪の生え際にある、首の中心をはしる筋肉のすぐ外側

ツボの押し方・コツ

バスケットボールを持つように、指を三角の形にしてうしろから頭を包み込みます。親指をツボの位置にあて、押しあげるようにして押してみましょう。

8.様々なカラダの痛みにきく「合谷」のツボ

合谷のツボ

手のくぼみにある合谷のツボは、頭痛をはじめ、様々な痛みをおさえる効果があります。

また、神経のバランスを整え落ち着かせる効果もあり、押しやすいことからも覚えておくと便利なツボの一つです。

ツボの位置・探し方

手を広げて、親指と人差し指の骨が交わる部分の少し上人差し指の骨のキワに、痛くて気持ちいいポイントがあります。

ツボの押し方・コツ

軽く手を上から握り、ツボの位置に親指をおきます。

人差し指の骨のキワに親指をひっかけるようにして、親指をねじり込みましょう。

9.リラックス効果で失った眠りを取り戻す「失眠」のツボ

失眠のツボ

かかとの中心にある失眠のツボは、その名の通り「失った眠りを取り戻すツボ」です。

押せば全身の血流を良くし、身体をリラックスさせ眠りに導く効果があります。

ツボの位置・探し方

足の裏の、かかとの中心。肉付きが丸く膨らんでいる部分です。

ツボの押し方・コツ

床に座って、親指をツボの位置におき、身体の体重を親指に乗せるようにして、ゆっくりと強めに押しましょう。

ビー玉などの小さなものの上に乗るのもやりやすい方法です。

ツボを押すときの2つのポイント

ツボを押して眠くなる効果を得るには、おさえておきたいポイントが2つあります。

1.正しい「位置」と「角度」が重要

骨のまわりには神経があつまっていますので、神経の集まるポイントであるツボは、骨を目印にして探すと見つかりやすいです。

また、ただ押すだけではなく、ツーンとくる角度を探ってみましょう。正しい角度で押せばツボ押しの効果は最大限に発揮されます。

2.目的によって押す強さを調整する

寝る前はあまりに強く刺激すると、逆効果になる場合もあります。

リラックス効果をねらうのであれば、「気持ちいい」と感じるくらいの、軽めの圧で押しましょう。

しかし、カラダに明らかな痛みやこりなどを感じているのであれば、やや強めに「イタ気持ちいい」程度の圧に調整すると良いでしょう。

まとめ

今回紹介した9つのツボの効能はそれぞれ異なった特徴をもっています。

押しやすさや、自分との相性をみて、効果的なものを1つか2つ覚えておくだけでも、眠れないときの助けになるかもしれません。ぜひ、今晩からは寝る前のツボ押しをとりいれてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS