睡眠について

寝るのが遅くてもOK!睡眠でお肌がキレイになる、3つの方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

きれいな肌をキープするためには、睡眠が欠かせません。お肌のゴールデンタイムは22時~2時。この時間に寝るのが、肌に効果的だと聞いたこともあると思います。

しかし、どうしても夜寝るのが遅くなってしまったりして、充分に眠れないこともありますよね。

今回は、寝るのが遅くなったとしても、きちんとお肌がキレイになる眠り方をお伝えします。どんな人でも、お肌に良い睡眠はとれますので、ぜひ試してみてください。

睡眠でお肌がきれいになるワケ

睡眠によって、お肌は生まれ変わり、キレイになります。

その理由は、寝ている間に「成長ホルモン」が出ているから。

成長ホルモンは、カラダの新陳代謝、つまり古くなった肌を新しいキレイな肌に入れかえるという役割があります。

図のように、成長ホルモンは、寝ついてからの2時間がピーク。最初の深い睡眠で、一晩のうちの70〜80%にあたる量が出ると言われています(1)

まとめると、最初の眠りはじめでグッスリ深く眠ることで、成長ホルモンがたくさん出て、お肌がキレイになるということですね。

お肌のゴールデンタイムは人それぞれ

実は、22時から2時の間の「お肌のゴールデンタイム」にこだわる必要はありません

上でお伝えしたように、お肌をキレイにする成長ホルモンは、時間に関係なく深く眠れたときに出るからです。

人によって深く眠れるタイミングは違うため、お肌のゴールデンタイムは人それぞれ。無理して22時に寝る必要はないということです。

つまり「時間帯」よりも「深く眠れること」のほうが重要なのですね。

眠ってお肌をキレイにする!3つのコツとは

眠ってお肌をなるべくキレイにするために、ぜひ試してほしいコツがあります。

深く眠って成長ホルモンがたくさん出るように、以下の3つを心がけてみてください。

1.自分だけの睡眠ゴールデンタイムを見つける

お肌にとってベストな寝るタイミングは「自分が眠くなったとき」です。

生活スタイルや体質によって、この眠くなるタイミングは違います。眠気を作りだしている体内時計に、個人差があるためです。

自分にあった睡眠のゴールデンタイムを見つけて、その時間に眠るようにしましょう。

自分だけの睡眠ゴールデンタイムを見つけるには

  • 夜、ちょうど眠くなってくる時間はいつですか?そこがいちばん良く眠れるタイミングです
  • 「なるべく毎日、同じ時間に寝る」のが深く眠るコツです。夜更かしや休日の寝だめなど、不規則な睡眠はお肌のためにやめましょう
  • もし夜になっても眠くならない場合は、体内時計の乱れが原因かもしれません。朝は太陽の光を浴びるように心がけましょう

2.寝つきを良くする

お肌のためには、最初の寝つきが勝負!良い寝つきでぐっすり深く眠れば、お肌をつくる成長ホルモンもたくさん出るようになります。

寝つきを良くする習慣を取りいれてみましょう。

寝つきを良くするために

さらにくわしく:寝付きを良くしてぐっすり眠れる!今日から始める入眠儀式のススメ

3.ぐっすり眠れる環境をつくる

深く眠って肌をキレイにするためには、眠る環境も大事です。大事なお肌のために、次のポイントも見直してみましょう。

ぐっすり眠れる環境をつくるには

  • 寝る前にメイクを落とす
  • あお向けで寝る(シワをふせぎます)
  • 寝室の気温は少し寒いくらいがベスト
  • 寝室は真っ暗にしておく
  • 寝心地の良い枕やマットレスを使う

さらにくわしく:グッスリ眠れる寝室とは?睡眠にベストな環境をつくる3つのポイント

まとめ

睡眠は、きれいなお肌をつくるために欠かせません。時間にこだわらず、自分にとってベストな睡眠のカタチを見つけてくださいね。きっと、今までよりも輝くお肌がゲットできますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sweemie編集部

Sweemie編集部

最高の眠りをつくるための「正しい知識」「効果的な方法」「本当に良い寝具」などの情報を発信しています(日本睡眠教育機構が認定する上級睡眠健康指導士が執筆・監修)。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

PICK UP POSTS

CATEGORY

GOOD ITEMS